慎 久美 小説。 Waltz

kiss 前編

小説 慎 久美 小説 慎 久美

ふふふ。 そして、その高校の3Dの卒業生 沢田慎。

ヤンクミ 慎 小説

小説 慎 久美 小説 慎 久美

「あたしも沢田が大好きだよ」 囁くように伝えながら、久美子は溢れてくる幸せをゆっくりと噛みしめた。 (ああ、なんて愛しいんだろう・・・・・) 「・・・今年も、来年も、こらからも先もずっと、よろしくな・・・・久美子」 「慎・・・・・・・・って、それってプロポー・・・」 「ああ、プロポーズだ」 「~~~~~~!!!」 その言葉に久美子は、また真赤になってしまった。

www.everydayf1.com

小説 慎 久美 小説 慎 久美

俺と同じ匂いがするかも…。 ・・この前ほどじゃないよ」 掠れた声が自分の口許から零れ出る。

5

□Link□

小説 慎 久美 小説 慎 久美

「さ、帰るぞ?」 「・・うんっ」 こうして慎は久美子の手を取ると、(ちゃんと木刀も持って)帰っていった。

15

卒業生との出会い

小説 慎 久美 小説 慎 久美

と言うかアレ。

kiss 前編

小説 慎 久美 小説 慎 久美

俺の名前は小田切竜。 今年もよろしく!!」 「ああ、あけましておめでとう。 「また、気にしてんだろ。

13

過去作品部屋

小説 慎 久美 小説 慎 久美

) 慎は友人達のデレっとした顔に、嫌な予感を覚えた。 なんか会ったらこのメールに相談しろよ。 もちろん」 「今日の合コンの相手はお医者様の卵ですからね。

16

ヤンクミ 慎 小説

小説 慎 久美 小説 慎 久美

自分は構わないが、久美子がまた気にして、変に気を回しかねない。

8